あらかじめ引越し業者の指示があると思い

あらかじめ引越し業者の指示があると思いますが、引越しの前日には、前もって冷蔵庫の電源を抜くようにしておきましょう。

抜く理由は、常温に戻して冷凍庫についた霜を溶かして、そうして溜まってきた水を取り除くことが可能だからです。



あらかじめこの処理をしておくことで、引っ越し作業の際に、他の荷物などをぬらしてしまうのを防ぐという効果があります。

引っ越しにかかる料金は、意外と割引になる場合が多いです。

私の引っ越しの時の料金も安くなりました。荷物が少ない引っ越しだということで、軽のトラックで荷物を運ぶことになり、そのため値段も大きく割り引かれました。



しかも、荷物をまとめる作業もほとんど自分で済ませたため、予想額よりもずっと安い金額ですみました。


引越しの挨拶を行うなら、転居したらすぐに挨拶した方がいいと思います。引越しの騒音などで、迷惑が及んだお詫びも兼ねて、きちんと挨拶をしておきましょう。引越しを始める前に、一言挨拶をしておくとうまくいくかもしれません。



どのような状況でも、できるだけ早めに挨拶に行った方が、近所付き合いが楽になります。

引っ越しの時の手続きの中に、転出届を届けるということがあります。
ただ、これは今の住所と新住所が異なる市町村の場合です。



同じ市町村の場合には、転居届になります。



手続きをする目安は、引っ越しの2週間前とか引っ越し先が決定後すぐなど、市町村それぞれ違う場合もありますので、早めに確認することをおすすめします。引越しのみに限らず、仕事をきっちりとやれる人は、段取りというものがうまいと言われます。引越しをしようとする場合、どのような順番に積むかどの物をどの場所に収納するか等、意外なことに頭を使う作業です。なので、業者のスピーディーな作業に思わず感心した経験のある方もたくさんいると思います。



引越し業者に依頼する場合、ハンガーに下がっているコートなどの服を事前に脱いで畳んだりしておくことは不要です。引っ越し屋さんがハンガーが吊り下げられる大きめの段ボールをお持ちになられて、それに入れた状態で、トラックで運んでくれます。
折り目もつかないので、助けになります。慣習としての「引越しソバ」とは転居の際に近くの家の人にご挨拶として持っていくものです。


私も以前もらったことが昔、あります。
細長いソバのように、末永いご縁をこれからもどうぞよろしくお願い致します。

というようなメッセージが含まれているようです。


引越しを行うときに業者に頼まず自分たちだけで行う場合があるでしょう。
特に、ごく近い距離での引越しだとトラックも使わずに荷物を運搬することは、できると思いますが、台車があった方が良いです。
室内の移動時にはあまり想像できにくいかもしれませんが、ちょっとした、家具などでも案外重いように感じてしまうものなのです。
引っ越しを決断したことに伴い、エアコンを処分する事に決めました。普通の賃貸物件ですと、エアコンが装備されてます。

今住んでいる場所は、むかし建った寮だったため、エアコンは、自分で付けないといけない事になっていました。ああいう寮じゃなく、賃貸にした方がよかったと今更後悔しています。


マイホームに引っ越しした折には、隣のお家に挨拶の為に出向きました。
ちょっとしたお菓子を買い求め、のしを貼らぬまま渡しました。

初体験だったので、少々緊張しましたが、マイホームというものはこの先継続的に住み続けるところなので、お隣さんたちとは、友好的に気持ちのよい生活していきたいと思ってご挨拶に行って来たのです。

関連記事