引っ越しに入る前に相場を知っておくと

引っ越しに入る前に相場を知っておくという事は、非常に重要なことです。だいたいこれくらいの値段だとあらかじめ理解しておくと、吹っ掛けられる場合も対処できます。ただ、年度末の慌ただしい時期ですと、値段が高騰する場合も多々ありますので、早めの見積りをお勧めします。

引越しの前日にしなければいけないこととして忘れるとまずいのは、冷蔵庫の排水です。
排水の仕方が分からない人は何はともあれ冷蔵庫のコンセントを抜くべきです。当然、中にものを入れてはいけません。そうでなければ、当日冷蔵庫が動かせない可能性もあります。



引越しをしようと思うと、多くの荷物を詰め込んだダンボールをあちこちに運んだり、業者さんと共に家具を運搬したりと大忙しです。しばらくそういったことを続けていると、手のひらは家具の重みなどで真っ赤になります。



業者さんの手はというと、しっかりと軍手をはめています。


業者に依頼したとしても、自分用の軍手が必要だなと思います。

転出をして移動となった時には国民年金の住まいの変更届けを出す必然性があります。
自分が加入者である「国民年金第1号被保険者」のケースは新転地の窓口に、被保険者住所変更届を提出します。



「国民年金第3号被保険者」の例では、配偶者が働く事業主に被保険者住所変更届を出さなければなりません。独身時での引っ越しは、電化製品や家具も大きなものがなく、引越し会社に頼むことなくすることができていました。

だけど、結婚してから引っ越しを行うとなると、冷蔵庫などの家電や家具が大きくなり、大掛かりな作業となるため、業者にお願いをしました。業者に頼むと、電化製品を設置してくれるので、自分で引っ越しをするより楽でした。


引っ越しに向けた用意は、とても煩わしいものです。片付けは急ぐ必要はありませんが、準備は引っ越しの当日までに終わらせておくべきです。

ものぐさな自分は、いつ準備を始めようかと考えるにもかかわらず、結局ギリギリになって慌てて作業し始める性格です。僕は去年、単身赴任の引っ越しをしました。



サラリーマン生活初の単身の引越しでした。

会社の決まりで複数の会社から見積書をもらい、一番安価な業者を選択するのですが、赤帽が最も安いという結果になりました。はじめは不安を感じていたものの、手際のよい引越し作業だったので、次の引越しでも赤帽に頼みたいと思いました。引越しをする時に業者へ依頼をすると、見積もりを出してくれると思います。
問題ないことがほとんどですが、一応確認をすることが良いと思われます。その見積もりに含まれていない場合は、追加料金をとられてしまう場合もございます。小さなことでも疑問を持った場合には、できるかぎり契約前に、問い合わせてみてください。引越しすることが決まったときに、住民票の移動は早めにしておくつもりでした。まずは私が転出届の手続を行い、主人は転入届を引越しの当日に提出できるように日程を調整しておいて引越しました。
他にも引越しのときにはいろんな手続きに忙殺されがちなので忘れないように表に書いておいて、計画的に進めておくことが大事だと思います。
引越しを行うにあたっては、引越し業者に依頼をする方法が、一般的だと思います。

そんな時に、飲料の差し入れをすることはありますが、チップといったものは必要ありません。外国などでは広く用いられているチップではありますが、国内でしたら、特に気にすることもないでしょう。

関連記事